Study your flashcards anywhere!

Download the official Cram app for free >

  • Shuffle
    Toggle On
    Toggle Off
  • Alphabetize
    Toggle On
    Toggle Off
  • Front First
    Toggle On
    Toggle Off
  • Both Sides
    Toggle On
    Toggle Off
  • Read
    Toggle On
    Toggle Off
Reading...
Front

How to study your flashcards.

Right/Left arrow keys: Navigate between flashcards.right arrow keyleft arrow key

Up/Down arrow keys: Flip the card between the front and back.down keyup key

H key: Show hint (3rd side).h key

A key: Read text to speech.a key

image

Play button

image

Play button

image

Progress

1/91

Click to flip

91 Cards in this Set

  • Front
  • Back
Vた途端(に)、X
As soon as V, X

V するとすぐにX
(~でも)VかのようなN
        (ようにPr)
まるで(~を)Vかのよう

as if ~
Xに・で むっとする
be annoyed by/with/to do
ろくにVず(に)・Vない 
not sufficiently, not satisfactorily, not properly
さっさと
急いで、早く、すぐに
~と(言わん)ばかりに
まるで~と言うように
あらかじめ
あることが始まる前にその準備として
in advance, beforehand
~といっても過言ではない
~といっても言い過ぎではない
~とは夢にも思わない
never dreamed of ~
V(連用形)・N+先
~の目的地、~の相手
XなりYなり
This is a phrase to indicate two representative choices or examples. The speaker makes a subjective judgment that his/her choice is a reasonable and proper one. That is why it is frequently used in sentences expressing a command/request, or suggestion/advice, or intention/desire. Not usually used toward people of higher status.

The main predicate of the structure in question is usually non-past tense, because it expresses the speaker's current will, determination, desire or habits. The main predicate can be in the past if the predicate expresses a habitual determination.
Xじゃあるまいし
~なら可能だが、そうではないのだから
Nをもってする
Nを使って対応する
~あまり
~すぎて、because of too much ~; so ~ that ~

This is a conjunction that makes a clause that involves excessive action. It is commonly used in formal written Japanese. (The auxiliary verb expresses a similar idea in both spoken and written Japanese.) The verb precedes.
果たして~か
本当に~か、いったい~か
Xはおろか、Y
Xはもちろんおこと、その上Yも

I.E.「1どるはおろか、1セントとも持っていない。」
ぞっとする
be horrified, freeze, creeped out
なまじ(っか)X,Y 
いい結果をもたらすはずのXが、マイナスの結果Yになってしまう。

As a result of doing X thoughtlessly/rashly/unwisely, an undesirable result Y takes place
Xばかりに、Y
Xが原因で、Yという悪い状態・結果になってしまう・しまった
V〔連用形〕+かねない
Vする恐れがある、悪い可能性がある
XがYに取って代わる
take the place of, replace
はた目構わず
他の人からどう思われても気にしないで
うれし涙
tears of joy
クシャクシャ
crumpled, wrinkled, creasy, disheveled
Xを隠し切れない
喜び、悲しみ、驚きなどの感情が激しすぎで隠すことが出来ない
肩を落とす
lose heart, be disheartened

がっかりする
しばし
しばらく ≪書き言葉≫
Xを限りに
X〔時を表す、または時と関係のある名刺)を最後に
それにひきかえ
on the other hand, on the contrary
とはいえ
nevertheless, and yet, be that as it may, for all that
Xを抜きにして
leaving out, doing without
~とともに
with, together, as, in company with
いわゆる
what you call, the so-called
XがYを身に付ける
acquire, learn, be equipped with; put on, wear
物心がつく
become possessed with discretion, begin to understand what is going on around one
VかVないかのうちに
Vとすぐに、Vと同時に、Vや否や、Vたかと思うと

I.E.「明るいは日が出るか出ないかのうちに、出発しよう。」
否応なく
compulsorily, whether one will like it or not, willing or unwilling
XがYに巻き込まれる
X is involved in/entangled in Y
Vにつけ
Vといつも;たびに~

whenever
Vものなら
Vできないことはよく分かっているが
XからにはY
Xは動詞、Yは「~ねばならない・べきだ・はずだ・違いない・-てほしい・-方がいい・-だろう」などの形がくることが多い

Given the fact that...
心を鬼にする
harden (steel) one's heart
いばらの道
a thorny path
XがYを余儀なくされる
X is obliged/forced/compelled to do Y
X(とY)の合間を縫って
doing - in the intervals of X and Y
Xのことで頭がいっぱいだ
the thought of X has usurped one's mind
何としても
絶対、何があっても
Xに越したことはない
nothing can be better than X
X覚悟
ready for X, with preparation for X
Xと言ったところだ
something like X; X, so to speak
Sまでだ
Sだけだ
Xにせよ
though, even if〔書き言葉〕
X割に(は)Y
Xだから当然~のはずだが、それに反してYである、という意味で使われる。

I.E.「料理を勉強している割には下手だ。」
みんながみんな
本当に全員だ
したたか
a wild fox / severely
ともすれば
sometimes, it sometimes happens that
S1ば、S2
S1し、S2;S1,一方でS2
埒が明かない
ものごとのきまりがつかなくて、先へ進めない
~(た)ところで
~でも・でも

Main Clause: Undesirable

I.E.どんなに反対したところで、もうどうにもならないよ。
相手にする・される
取り合う・取り合われる
とりあえず
他のことは後にして、まず初めに
(形容詞辞書形・形容動詞+な)+目に合う・目を見る
~という思いをする
ろくなNがない
いいNがない
根を下ろす
根づく
まさか
そんなことはありえない、出来ないという気持ちを表す言葉
なにしろ
何にせよ、とにかく

at any rate; in any case; ~ as you know
~ぐるみ
全部一緒に

I.E.「この問題は町ぐるみで考えていくべきだ。」
~きる
完全・すっかり~する・~し終わる
Nなりとも
~だけでも

〔やや古い表現〕
常軌を逸する
正常はない
釈然としない
心が晴れない・まだ何か気になる・すっきりしない
まして
なおさら

all the more, much less

(i.e. A college student can't do it, much less an elementary school student.)
一翼を担う
play a part, contribute, have a share
Xは論を待たない
It is a matter of course that X;
It goes without saying that X;
X beyond doubt
中枢
the pivot, the center, the hub
Xは時間の問題だ
X is a matter of time
むしろ
rather, preferably
いかに
どのように
Xが引き合いに出される
X is referred to; X is cited as an example
~に限らず
not limited to

I.E.「その本はアメリカに限らず、世界中で人気を得た。」
Xか否か
X or not
~を詳らかにする
clarify, make clear
Sが故に
Sだからこそ
Xが先決である
X has to be settled first
~は予断を許さない
can't foresee X, X is unpredictable
XがYのいうがままになる
do as X is told by Y
到底~ない
cannot possibly, not nearly
いざというとき(になると)
When it comes to the point....
口をつぐむ
clam up, shut one's mouth
確たる
確かに
Xは一目瞭然だ
Xであることは見ればすぐに分かる